岐阜地鶏

動植物

岐阜地鶏

ぎふじどり

 鶏の原種の特徴を色濃く残している「岐阜地鶏」は、飛騨では「飛騨地鶏」、郡上では「郡上地鶏」と呼ばれ、昭和16年に天然記念物に指定されてから「岐阜地鶏」と呼称されるようになりました。岐阜県養鶏試験場(現畜産研究所養鶏研究部)では昭和63年度から「おいしい卵と鶏肉づくり」をテーマに、この「岐阜地鶏」を基礎に「神代の味」の再現に取り組み、新しい肉用鶏と卵用鶏を開発し、「奥美濃古地鶏」と命名しました。山紫水明、清流長良川の源,「奥美濃」の自然の中で育った奥美濃古地鶏の肉は,赤味を帯び、適度な脂肪が付着することによって醸し出される、歯ごたえの良い旨みが特徴です。奥美濃古地鶏は、ゆったりと十分に運動のできる環境で丁寧に育てられ、ブロイラーに比べ飼育期間を長くかけていますのでおいしい肉となります。また濃厚な黄身は、一般の卵に比べ黄身の比率が高く、濃厚で、こくのある”昔の味”を生んでいます。

http://raumenzuki.hp.infoseek.co.jp/jidori.htmから文章は転載。


http://www.d1.dion.ne.jp/~konji/konjiryokan_keisya_toshiyuki.htmから写真は転載。