忌み言葉

一般

忌み言葉

いみことば

その場に相応しくない言葉。言い換えることが望ましいとされる言葉。

良くない連想を避ける言葉が多い。

各場面での忌み言葉

婚約・結婚式
「切れる、終わる、離れる、別れる、破れる、出る、出す、戻る、去る、帰る、滅びる、再び、繰り返し、かさねがさね、流れる、散る、しめやかに」など。
不吉な言葉、夫婦離別を連想させるような言葉、再婚を連想させる言葉、重ね言葉など。
弔事
「かさねがさね、再三、また、しばしば、四、九、生きる、死ぬ、追って、うかばれぬ」など。
不幸が重なることを連想させるような言葉、生死を直接的に表す言など。
神式・キリスト教式では仏教の「ご冥福、成仏、ご供養」なども忌み言葉となる。
入社入学・栄転
「やめる、苦しむ、落ちる、流れる、消える、潰れる、飛ばす、倒れる」など。
倒産や左遷、落第などを連想させる言葉。
受験
「落ちる、滑る、転ぶ、散る」など。
不合格を連想させるような言葉。
懐妊・出産
「流れる、落ちる、逝く、四、滅びる」など。
死産流産を連想させる言葉。
新築・開店・開業
「赤、傾く、流れる、倒れる、火、失う、落ちる、衰える、潰れる、閉じる」など。
火事や閉店、倒産を連想させる言葉。
長寿
「死ぬ、衰える、枯れる、朽ちる、ぼける、倒れる」
死や病気を連想させる言葉。

言い換えの例

  • 「死亡」→「ご逝去」
  • 「ご生存中」→「ご生前」
  • 「終わる」→「お開きにする」
  • 「帰る」→「中座する」
  • 「四」→「よ」と読む
  • 「九」→「ここのつ」と読む
  • 「スタートを切って」→「スタートラインに立って」
  • 「月日の流れははやいもので〜」→「はやいものでもう〜」

関連用語

闇言葉言霊呪詛、穢れ?、不浄?タブー