機雷 からのリダイレクト リダイレクト元を編集閉じる

スマートフォン用の表示で見る

一般

機械水雷

きかいすいらい

通称:機雷

海中に設置し、艦船の通過を検知して爆発することにより、船舶に打撃を与える水中兵器。

かつては艦隊戦の前に敵の予想針路に敷設するなどの運用も考えられたがあまり実用的ではなく、専ら航路の封鎖や港湾封鎖等の通商破壊、また逆に機雷堰による領海防御などに用いられる。

  • 形態による区分
    • 浮遊式(浮流機雷は除く)
    • 沈底式
    • 繋維式(索が切れて流れ出したものを浮流機雷と呼ぶ)
    • 連携式