機動戦士ガンダムΖΖ

アニメ

機動戦士ガンダムΖΖ

きどうせんしがんだむだぶるぜーた

サンライズ制作によるTVアニメ

機動戦士ガンダムZZ」とアルファベットの"Z"で表記されることが多いが、ギリシャ文字の「ゼータ」を用いるのが本意。

1986年3月1日から1987年1月31日まで、名古屋テレビ制作・テレビ朝日系で放送された。全47話。

機動戦士ガンダム』をはじめとするガンダムシリーズの一つ。『機動戦士Ζガンダム』の直接の続編で、第一次ネオ・ジオン抗争を描く。

前作の『機動戦士Ζガンダム』の「地獄の底のような暗さ」とはうって変わってギャグ系というか明るい話になったので、旧来のファンからは賛否両論渦巻いた。もっとも、冷静に見ていると、番組内死者の数では他のガンダムに遜色なかったりする。

元々は『重戦機エルガイム』でキャラクターデザイン等を手がけた永野護がメカデザインの全てを担当する予定であったが、諸々の事情により降板。永野デザインのモビルスーツが使えなくなってしまったことから、急遽、メカデザイナー出渕裕招聘し、出渕裕デザインに明貴美加が修正を加えるという形が取られた。(番組後半のモビルスーツデザインについては、明貴美加が一手に引き受けることとなった)

「新型ガンダム」のデザインについては、TTブレインの案を叩き台にし、藤田一己、岡本英郎(岡本がデザインしたガンダムの仮称は「ゴッドガンダム」)といった数多くのメカデザイナーに発注。その結果、小林誠のデザインが採用され、明貴美加により修正が加わったものが「ΖΖガンダム」として採用されることとなった。

本作では、ガンダムスーパーロボット的な位置付けがなされており、「ネオジオン軍が毎回送り出す新型モビルスーツを、登場ごとにガンダムが倒していく」という形が取られており、モビルスーツの模型を売り出すスポンサー企業に対して配慮された形となった。

ストーリーとしては、本編とはあまり関係の無いサイドストーリー的な話が散りばめられ、否応無く戦争に巻き込まれる人々にスポットを当てて描かれていることが多いため、作品展開の遅さが目立った。企画段階では、作品中盤以降にシャアアムロが参戦し、ジュドー×ハマーン×アムロ×シャアの4つ巴の戦いが展開される構想であったが*1、番組放送中に『機動戦士ガンダム 逆襲のシャア』の製作が決定。アムロシャアの決着の舞台が整えられることとなった。そこで、スタッフは急遽てこ入れを開始。当初「兵士A」の存在であったグレミー・トトを「美形だから」という理由でレギュラーに昇格。「ザビ家の血統を持つ」という裏の設定を施し、番組内で幹部クラスに昇進させ、シャアに代わるハマーンの対抗馬として加えることとした。また、雨後の筍のように「強化人間」「ニュータイプ」を登場させ、中でもヒロイン的な存在であるエルピー・プルのキャラクターにより強い特徴を与えるため、横山広行の発案により「ぷるぷるぷるぷる〜」という奇声を発するようにするなど、様々な改革を加えた。

結局、物語の主人公であるジュドー木星へと旅立たせることで完結させた本作は、登場人物の都合上、他の作品とは関連性が薄く、歴代宇宙世紀ガンダムの中でもファンの間からは「黒歴史」的扱いを受ける場合が多い。しかし、富野由悠季の監督したガンダムの中で唯一、物語中にコロニー落としを成功させたり、ホワイトベースのクルーであったハヤト・コバヤシを戦死させるなど、宇宙世紀ガンダムに対しての一つの区切りを付けようした作品であったとも言える。

なお、メインライターである遠藤明範が書いた小説版では、アムロ・レイが登場している。

内容

エゥーゴティターンズ連邦軍内による派閥抗争「グリプス戦役」は、エゥーゴの大包囲作戦「メールシュトローム」をきっかけに、ティターンズの主力を撃滅。エゥーゴの勝利に終わったが、エゥーゴ側もまた損害が大きく、半身不随の状態となる。結局、途中参戦したジオン公国軍の残党であるアクシズ軍が戦力を温存し、地球にその矛先を向けることを黙って見ている他はなかった。

一方、グリプス戦役において多大な戦果を挙げた戦艦アーガマもまた損害は大きく、リック・ディアスやネモといった主力モビルスーツを失い、搭載されているのは非力な支援機であるメタスと、乗り手を失ったΖガンダムのみであった。アーガマを追撃すべく、ハマーン・カーン榊原良子)より命を受けた青年仕官マシュマー・セロ堀内賢雄)の指揮するアクシズ軍の戦艦エンドラより身を隠すため、アーガマ指揮官であるブライト・ノア鈴置洋孝)は、サイド1にあるコロニーシャングリラ」へと入港し、時間を稼ぐ作戦を取った。

シャングリラに住む少年ジュドー・アーシタ矢尾一樹)は、妹リィナ・アーシタ岡本麻弥)と二人暮らし。ビーチャ・オーレグ(広森信吾)やモンド・アカゲ(塩屋浩三)といった悪友たちとくだらないことをしながら暮らしているジュドーを、情けなく思うリィナであったが、ジュドーはリィナを「山の手の学校」へ入学させるために、今日も元気に駆け回る。

そんなある日、ジュドーたちの耳にアーガマが入港するという情報が入った。「アーガマモビルスーツを売れば金になる」……そう考えたジュドーたちは、復讐に燃えるティターンズエースパイロットだったヤザン・ゲーブル大塚芳忠)に唆され、ガンダムを盗みにかかる。

途中、病院に運ばれるカミーユ・ビダン飛田展男)とすれ違ったジュドーは、彼に不思議な共感を覚えるのだが、気にもとめずにヤザンたちと共にドックへ向かう。そこで、ビーチャやエル・ビアンノ(原えり子)、イーノ・アッパーブ(菊池正美)たちのかく乱によってΖガンダムコクピットに搭乗したジュドーは、カミーユに出会ったときと同じような感覚に襲われる。その時、ヤザンのあまりに卑劣な行動を見たジュドーは、激しい嫌悪感と怒りを露にし、Ζガンダムを操縦。誰が乗り込んでも決して動かなかったΖガンダムが動いた事実を見たブライトは、ジュドーアムロカミーユの再来であると確信する。

その後、ブライトはジュドーたちをスカウトするが、ジュドーは戦争に参加することを頑なに拒否する。しかし、ジュドーたちの、アーガマに対する愛着はじょじょに強まっていくのであった……。

スタッフ

主な登場兵器

エゥーゴ

カラバ

ネオ・ジオン

主題歌

前期オープニングテーマ「アニメじゃない〜夢を忘れた古い地球人よ〜」
作詞:秋元康 / 作曲:芹澤廣明 / 編曲鷺巣詩郎 / 歌:新井正人
前期エンディングテーマ「時代が泣いている」
作詞:秋元康 / 作曲:芹澤廣明 / 編曲鷺巣詩郎 / 歌:新井正人
後期オープニングテーマ「サイレント・ヴォイス」
作詞:売野雅勇 / 作曲:芹澤廣明 / 編曲:若草恵 / 歌:ひろえ純
後期エンディングテーマ「一千万年銀河
作詞:井荻麟 / 作曲:芹澤廣明 / 編曲:若草恵 / 歌:ひろえ純

*1:OPのシャアはその伏線。