機動戦士Zガンダム ホットスクランブル からのリダイレクト リダイレクト元を編集閉じる

スマートフォン用の表示で見る

ゲーム

機動戦士Ζガンダム・ホットスクランブル

きどうせんしぜーたがんだむほっとすくらんぶる

バンダイより1986年8月28日に発売されたファミリーコンピュータシューティングゲーム

機動戦士Ζガンダム』のゲーム化作品。ゲームデザイン遠藤雅伸(ゲームスタジオ)。

プレイヤーはΖガンダムを操作して、ティターンズ及びアクシズモビルスーツ部隊と戦うステージクリア型のシューティングゲーム。迫り来る敵に照準を合わせビームライフルで攻撃するコクピット視点の疑似3Dステージと、ウェイブライダーモビルスーツ形態を使い分けながら迷路状の要塞や戦艦の内部を進むサイドビューの2Dステージで構成されている。


本作のパッケージ内の応募券で、「ファイナルバージョン」と呼ばれる特別版のROMカセットが抽選で1,000名に当たるキャンペーンが実施された。

遠藤雅伸が自分の構想どおりに当初作り上げたのが「ファイナルバージョン」で、これがテストプレイを実施した際に不評だったため、難易度を下げて2Dステージを追加した別バージョンの製品版が製作された、という裏話がある。思わぬ形で世に出ることになった「ファイナルバージョン」だが、現在ではネットオークション等で高値で取引されている。


2004年に発売されたニンテンドーゲームキューブ用ソフト『機動戦士ガンダム 戦士達の軌跡』で、抽選で2,000名にファミコンミニ版『機動戦士Ζガンダム・ホットスクランブル』が当たるクラブニンテンドーのプレゼントキャンペーンが実施された。