帰依

一般

帰依

きえ

尊いものに対して、身体(からだ)も心も投げ出して、信じ奉(たてまつ)ること。神仏や高僧などを信じ、拠り所にすること。 元々は仏教用語である。