気象業務法

社会

気象業務法

きしょうぎょうむほう

気象業務法は、日本の法律昭和27年6月2日法律第165号)(最終改正:平成25年5月31日法律第23号)。

気象業務に関する基本的制度を定めることによって、気象業務の健全な発達を図り、もって災害の予防、交通の安全の確保、産業の興隆等公共の福祉の増進に寄与するとともに、気象業務に関する国際的協力を行うことを目的としている。