気象病

サイエンス

気象病

きしょうびょう

気象の変化によって発病する現象。気候病。

フェーン現象の時、敏感な人はイライラしたりする、雨の日は古傷が痛むなどの症状もそれに含む。寒波期や低気圧が接近してくる、また帯状高気圧の日には注意が必要である。

主な症状一覧

眠れない、急に落ち込む、めまいや立ちくらみ、、頭痛、なんとなくだるい、疲れがとれない、血圧の急激な変動

対処法一例

  1. 気温が上昇し始めたらエアコンを5日間程度我慢し、暑さに身体を慣らす。
  2. 皮膚の表面から水分を蒸発しやすくするために、ぬれタオルで腕などをこまめにふく。
  3. 血液を冷やすために、首の後ろの部分にぬれタオルを当てる。
  4. 身体にまとわりつく熱気を除くため、扇風機や扇子を活用する。
  5. 開襟シャツといった涼しい服装と、ナトリウムなどのミネラル分を含む水分補給をこまめに行うこと。
気象病に要注意