スマートフォン用の表示で見る

気流舎

一般

気流舎

きりゅうしゃ

東京下北沢にある古本カフェ・バー。

概要

現在進行形のカウンターカルチャーに関する古本を主に取り扱っている。

読書会、音楽イベントなども行う。

セカンド・サマー・オブ・ラブ以降のレイヴカルチャーや、NPONGOインターネットなどにおけるオープン思想に関する分野が範囲となっている。

真木悠介著の『気流の鳴る音』という本の名前が由来。*1

気流の鳴る音―交響するコミューン (ちくま学芸文庫)

取り扱うキーワード

ヒッピダム、サイケデリックス、ビート、コミューン、バックパッキング、アナキズムシャーマニズム、ニューサイエンスレイヴオープンソースカルチュラル・スタディーズ、パーマカルチャー、性、からだ、意識、宇宙、神話、東洋思想、環境問題市民運動NPOカスタネダソローレヴィ=ストロース真木悠介見田宗介中沢新一芦沢一洋 ほか。

ページが見つかりませんでした – 気流舎

Kenichi KATO, Works

店舗情報

  • 営業時間:18:00くらい〜23:00くらい
  • 定休日:月曜日(ずる休みあり)
  • 住所:東京都世田谷区代沢5-29-17飯田ハイツ1F
  • 電話:03-3410-0024
  • その他:無線LANFON)、LAN、電源も設備。