季重なり

読書

季重なり

きがさなり

俳句で1句作るときに2つの季語を入れること。これは嫌われやすく、タブーとされてる。