季節はずれの海岸物語

テレビ

季節はずれの海岸物語

きせつはずれのかいがんものがたり

出典: フリー百科事典ウィキペディアWikipedia)』

季節はずれの海岸物語』(きせつはずれのかいがんものがたり)は、1988年から1994年にかけてフジテレビ系列放送されたテレビドラマ。 連続ドラマではなく年に1〜2本の割合で放送された。「季節はずれの海岸」というタイトル通り、秋や冬バージョンが多かった。


未だにソフト化されておらず、以前は再放送も行われていたのだが、田代まさしの一連の事件以降、再放送されていない。

(実際のところ、田代云々以外に楽曲著作権の問題も大きいと思われる)


出演

主演:片岡鶴太郎

その他の出演者:可愛かずみ渡辺美奈代山本陽一田代まさし古尾谷雅人



概要


片岡鶴太郎は海岸沿いの喫茶店を切り盛りするマスター。 マスターの女友達である可愛かずみが店を手伝っている。 片岡鶴太郎演じる圭介の隣に住むのが渡辺美奈代が演じる理恵。 この3人の恋物語を中心にドラマは展開される。 圭介の恋の相手として毎回違うマドンナが出演した。 鈴木保奈美財前直見松田聖子など。


また挿入歌にサザンオールスターズ松任谷由実の歌がよく使われていた。