スマートフォン用の表示で見る

紀田順一郎

読書

紀田順一郎

きだじゅんいちろう

本名佐藤俊。作家、評論家。1935年神奈川生まれ。

慶応大学卒業。書籍論・読書論の第一人者。神奈川近代文学館・館長。


慶応大学時代、慶応大学推理小説同好会の立ち上げに参加。大伴昌司とここで出会う。

卒業後、大伴、桂千穂とともに、SRの会東京支部を結成。永井荷風と仲たがいして、文壇的に干されていた、平井呈一を訪問する。

のち、サラリーマンをやめ、近代史と読書論を専門とするライターとして独立。

また、大学生時代の荒俣宏と出会い、コンビで怪奇幻想文学の叢書をいくつも立ち上げる。国書刊行会から刊行された、「世界幻想文学大系」はその記念碑的産物で、カルト出版社としての国書刊行会この叢書で決定づけられた。

作家としても、「古本屋探偵」シリーズを執筆し、古本業界に関するマニアックな描写が魅力。