スマートフォン用の表示で見る

貴志康一

音楽

貴志康一

きしこういち

1909年1937年 

大阪出身の作曲家ヴァイオリニストとしてデビューし、のち作曲家指揮者として活躍した。昭和12年、28歳で病没。

代表曲

 ヴァイオリン協奏曲交響曲仏陀の生涯」、歌曲「かごかき」「天の原」、ヴァイオリン曲「竹取物語」など。