鬼海弘雄

アート

鬼海弘雄

きかいひろお

写真家。30余年にわたってたまたま通りかかった人を呼び止めて撮り続け、1987年『王たちの肖像』(矢立出版)でデビュー、1996年『や・ちまた』(みすず書房)でヒットを飛ばす。奇岩怪石の如き異貌・異相のポートレイトが多いが、当人の弁によれば「好きな人をカッコよく撮っている」といい、アラーキーによれば「彼の写真には礼節がある」という。その名声は海外にも及び、映画監督アンジェイ・ワイダも絶賛している。

関連語 リスト::写真家

http://www.amazon.co.jp/exec/obidos/search-handle-url/index=books-jp&field-author=%E5%BC%98%E9%9B%84%2C%20%E9%AC%BC%E6%B5%B7/249-1735687-6765131