スマートフォン用の表示で見る

亀井文夫

映画

亀井文夫

かめいふみお

略歴

1908年 福島県相馬郡原町(現・南相馬市)に松本長七・くまの次男に生まれる。

     仙台市材木町の尋常高等小学校に4年までかよう。

1918年 東京へ移転。

1921年 早稲田中学入学。

1926年 文化学院美術科入学。

1928年 文化学院在学中 ソヴィエトへ留学を志す。

    当初、亀井は絵を学ぶつもりでソヴィエトへわたったが、途中ウラジオストックの映画館で見た「上海ドキュメント」というドキュメンタリーに衝撃を受け、映画を志す。

1931年 肺結核のため帰国。

    母、くまの開設したサナトリュウムで2年の療養生活を送る。

1933年 東宝の前身 PCLに入社。

1937年 東宝映画文化部で「上海」を構成、編集、陸軍省に“注目”される。

1939年 「戦ふ兵隊」を陸軍省の依頼で製作。

    これは『疲れた兵隊』だ、との陸軍省の見解により上映禁止。

1940年 代表作の一つとも言われる信濃三部作の一つ「小林一茶」を発表。

    文部省はこれを認定しなかったため、文部省『非認定』映画として全国上映、大ヒットとなる。

1941年 治安維持法違反の容疑で逮捕、投獄。

1945年 天皇戦争責任を問う「日本の悲劇」をニュースフィルムを素材にして構成、編集。

    GHQは上映を許可したが、時の首相吉田茂はこれを見て激怒、フィルムは没収、上映禁止となる。

1946年 東宝に復帰、「戦争と平和」を山本薩夫と共同監督。

    映画は未曾有のヒットをしたが、時は東宝大争議の中、『文化は暴力では破壊されない』の名言を残して東宝を去る。

1955年 株式会社日本ドキュメントフィルムを設立、以来「流血の記録砂川」「世界は恐怖する」「生きていてよかった」「人間みな兄弟」と、一貫して、反戦反核、反差別の立場から社会的問題作を発表。      

    時のアメリカ大統領ケネデイは「生きていてよかった」を見て感激、アメリカへの招待状を送ってきたが、日本政府ビザの発給を拒否した。

1972年 「ギャラリー東洋人」を開業。骨董屋主人に収まる。

1986年 畢生の大作「トリ・ムシ・サカナの子守歌」を世に送る。

    構想4年、製作3年、病める現代の回生を願うダイイングメッセージを警世の声として他界。享年78才