亀海喜寛

スポーツ

亀海喜寛

かめがいよしひろ

プロボクシング選手。1982年11月12日生まれ、北海道札幌市出身。

ボクシング選手としての所属変遷は→(札幌商ー帝京大ー?を経て帝拳ボクシングジムでプロ転向)。


00年札幌商業でインターハイ ライト級優勝

04年帝京大所属で国体ライトウェルター級優勝

04年帝京大所属で全日本ライトウェルター級優勝

(決勝でアマチュア世界選手権銅メダル川内将嗣にポイント勝ち〔16−12〕)

アマチュア通算戦績を69戦57勝(31KO・RSC)12敗のキャリアを経て、2005年夏にプロ転向し、その年の晩秋にプロデビュー。

2010年4月12日、日本スーパーライト級タイトルマッチに初挑戦し、王者:小野寺洋介山(オサム)に9回TKO勝ちし、初陣から15戦全勝(13KO)で初タイトルを射止めた。

プロでのキャッチフレーズは「マエストリート(Maestrito)」

リスト::ボクサー