スマートフォン用の表示で見る

亀山城

地理

亀山城

かめやまじょう

かつて京都府亀岡市荒塚町周辺にあった城。亀岡城とも。戦国時代明智光秀によって丹波統治の拠点として築城され、江戸時代初頭には近世城郭として整備された。大正時代に宗教団体の大本が購入、神殿を築いたが大本事件で当時の政府により取り壊されたされた。第二次世界大戦後再建され、大本の本部が置かれている。