スマートフォン用の表示で見る

亀田興毅

スポーツ

亀田興毅

かめだこうき

WBA世界ライトフライ級WBC世界フライ級WBAバンタム級を制した日本ボクシング史上初の三階級制覇王者。

ノニト・ドネアとの王座統一戦を計画中。異名「浪速の闘拳」亀田3兄弟の長男。

協栄ボクシングジム所属。


OPBF東洋太平洋フライ級チャンピオン(防衛せずに返上)。

8月2日、横浜アリーナにてファン・ランダエタWBAライトフライ級王座決定戦*1を行ない

二度のダウンに11Rでは本人ですら負けを確信していたが、見事、新チャンピオンに輝く。

2006年9月27日、WBA東京総会に出席しているWBAのルイス・パボン審判委員長ファン・ランダエタ戦について「試合のビデオを見た。わたし自身の採点では亀田が3ポイント差で負けていた」と発言。

当初、ランダエタとの再戦を10月18日に行う予定だったが、ヘッドギアを付けたスパーリング中にパンチを受け左まぶたを負傷(全治一ヶ月)し、12月20日に順延となった。

2006年12月20日、有明コロシアムにて、ファン・ランダエタとの再戦が行なわれ、12R判定で勝利(3-0)。

2007年10月11日に行われた亀田大毅の試合の際に起きた反則指示の言動で、東日本ボクシング協会「期限付きのライセンス停止処分」を日本ボクシングコミッション(JBC)に要請。

同日、JBCは倫理委員会を開き、厳重戒告処分。

2010年3月27日。対ポンサクレック戦で初黒星を喫す。

2010年12月26日亀田興毅は強豪アレクサンドル・ムニョスから12Rダウンを奪った末、3−0の判定で破り三階級制覇を達成する。これは、日本ボクシング界史上初の快挙。

2012年3月3日、12年間交際した中学校の同級生で、興毅が社長を務める亀田プロモーション役員の女性と婚姻届を提出。

CM

XYLISH(キリッシュ)」(明治製菓)

*1ロベルト・バスケスが王座返上し空位になった