スマートフォン用の表示で見る

亀田大毅

スポーツ

亀田大毅

かめだだいき

亀田3兄弟の次男。  大阪府大阪市西成区天下茶屋出身。

2006年1月11日 B級ライセンス(6回戦)に合格。

長男の亀田興毅と同じ協栄ジムに所属。通称「浪速の弁慶」。

2006年2月26日 デビュー戦を白星で飾る。(1R23秒KO)

2007年10月11日 WBC世界フライ級タイトルマッチで王者の内藤大助に判定負け。

前日の記者会見の場で「負けたら切腹するよ。」と宣言していたため、今後の動向が注目されている。

この試合で、亀田大は内藤を持ち上げて投げつけるなどの反則を犯し、12回に3点減点。試合全般を通じグローブで目を突くサミング、太ももを打つローブローなどを繰り返した。

2007年10月15日 ジム経営者らで組織する東日本ボクシング協会は「期限付きのライセンス停止処分」を、日本ボクシングコミッション(JBC) に要請。

同日、JBC倫理委員会を開き、ボクサーライセンスの1年間停止との処分を決めた。

亀田大毅語録

  • 第2戦相手のサマート・ツインジムに対して「相手なんて誰でも関係ない。タイ人だろうが、何だろうが、しょせんは人間やろ。」
  • 明石家さんまさんから大毅カラーである金色のマイクをプレゼントされて「いい歌を用意したよ。お客さんにはKOでも歌でもどっちでもいいけど、楽しんで帰ってほしいな」
  • 動きがいまひとつなシャモ2羽とスパーリングし勝利「オレ強すぎたな」
  • 日本ランク入りを見送られ「目指しているところが違う。日本王者じゃなくて、世界王者やから」
  • 亀田三兄弟八百長疑惑について「亀田の相手は弱いというけど、一般の人に分かってもらうには(方法は)1つしかない。ほかのジムで同じ相手を呼んで(日本人が)戦ってみればええねん。それでコメントを聞いて。オレらは一生懸命、練習してる。まだ、オレはいいよ。兄ちゃんの相手は世界ランカーとか元世界王者やろ。弱いなんて、元世界王者とかをバカにしてる。そんなに言うなら予告KOして勝ってみいや」
  • 9月27日のプロ6戦目に関して意気込みを「日本人が呼ばないような相手とやる。世界のトップクラスとやる。世界の目で自分のボクシングを見てもらいたい」
  • WBA総会でのバレリオ・サンチェス戦を前にし、「今なら誰とやっても負けへんな。オレの相手には担架が必要や。オレのパンチはホンマにヤバい。なんせ宇宙一やからなぁ」「人間なら誰でも覚醒することはあると思うけど、オレのは覚醒を超えたな。地上最強の覚醒やな。最近、『オレは人間かな?』と思うもん。ヤバいよ〜。『あ、また強くなってる。うわっ、また強くなったわ』って、何か知らんけど強くなってんねん。ホンマでっせ」

亀田父語録

「強い相手からKOを奪うことで強くなっていくんや」