スマートフォン用の表示で見る

技術・家庭

一般

技術・家庭

ぎじゅつかてい

 日本における中学校の教科の一つ。技術家庭と表記されがちだが、正式な記述は「技術・家庭」となり、「ぎじゅつぽつかてい」と呼ばれる。

 名前の通り「技術科」と「家庭科」が合わさった教科。一般的に中学校技術・家庭科技術分野が技術科、同家庭分野が家庭科と呼ばれている。戦後、職業科、職業・家庭科を経て現在の技術・家庭科となった。

 一つの教科とされているが扱う内容や活動など全く別概念であり、技術科、家庭科と必要な教員免許は別となる。

 平成20年3月告示学習指導要領によると「技術・家庭科」の目標は

 生活に必要な基礎的・基本的な知識及び技術の習得を通して,生活と技術とのかかわりについて理解を深め,進んで生活を工夫し創造する能力と実践的な態度を育てる。

こととされており、科目ごとに、

「技術科(技術分野)」の目標は

ものづくりなどの実践的・体験的な学習活動を通して,材料と加工,エネルギー変換,生物育成及び情報に関する基礎的・基本的な知識及び技術を習得するとともに,技術と社会や環境とのかかわりについて理解を深め,技術を適切に評価し活用する能力と態度を育てる。

家庭科(家庭分野)」の目的は

衣食住などに関する実践的・体験的な学習活動を通して,生活の自立に必要な基礎的・基本的な知識及び技術を習得するとともに,家庭の機能について理解を深め,これからの生活を展望して,課題をもって生活をよりよくしようとする能力と態度を育てる。

とされている。

詳細は中学校学習指導要領−第2章:各教科−第8節:技術・家庭等で。

先進国では日本のように3年間しか技術科目がない国は珍しい。