議政官

社会

議政官

ぎせいかん

日本の明治時代初期に設置された立法府慶応4年閏4月21日 (1868年) に公布された政体書によって三権分立を明記したことに伴い発足。議定と参与からなる上局と参事と貢士からなる下局からなる二院制であった。明治2年5月13日 (1869年) に廃止された。