菊池重三郎

読書

菊池重三郎

きくちしげさぶろう

きくち・しげさぶろう(1901-1982) 編集者、作家、翻訳家

宮崎県出身。立教大学卒業。

はじめ中学校の教師をしたが、のち新潮杜に入り編集担当。『芸術新潮』の初代編集長となる。島崎藤村の知遇を得て、戦時中、木曽馬籠にある藤村の祖父の隠居所に疎開。藤村が1943年(昭和18年)年大磯で亡くなってから藤村記念堂の開設を思い立ち、1947年(同22)年設立にこぎつけた。

みやざきの101人 菊池重三郎

おもな著作

など