菊池洋子

音楽

菊池洋子

きくちようこ

ピアニスト


前橋市生まれ。1993年 桐朋学園女子高等学校音楽科入学。

田中希代子、林秀光の各氏に師事。卒業後、イタリアのイモラ音楽院に留学。

フランコスカラ、アントニオ・バッリスタ、

フォルテピアノをステファノ・フィウッツィに師事。

97年ミラノにおいてソロ・リサイタルを行う。

同年ユベール・スダーン指揮、シチリア交響楽団のコンサートツアーのソリストに抜擢され、

ラフマニノフピアノ協奏曲第3番を3夜連続コンサートで演奏。

イタリアの新聞紙上で絶賛された。


2002年1月 第8回モーツァルト国際コンクールにおいて

日本人として初めて優勝。

2003年には夏のザルツブルク音楽祭モーツァルトマチネに出演、

アイヴァー・ボルトン指揮 ザルツブルク・モーツァルテウム管弦楽団

モーツァルトピアノ協奏曲第21番で共演し大成功をおさめた。

2005年秋にはチェリストのジャン=ギアン・ケラスとのイタリア・ツアー、

ライプツィヒ弦楽四重奏団との日本ツアー。

室内楽の分野にも積極的に取り組んでいる。