スマートフォン用の表示で見る

吉井勇

読書

吉井勇

よしいいさむ

歌人劇作家

明治19年(1886)東京生まれ。早稲田大学中退。

明治38年「東京新詩社」に加わり、「明星」に歌を発表。やがて「東京新詩社」を脱退し、北原白秋らと「パンの会」を結成し、耽美派文学の一翼として多彩な活動を展開。明治42年に森鴎外監修のもと、石川啄木らと「スバル」を創刊し、編集にあたる。翌年、第一歌集「酒ほがひ」を刊行して歌壇的な地位を得、以後「昨日まで」「祇園歌集」「人間経」など多くの歌集を出版した。

一方、新劇運動に刺激され、「スバル」に戯曲「午後三時」を掲載して、劇作家としての出発をとげ、「夢介と僧と」「狂芸人」等ぞくぞくと戯曲を発表。歌業を中核として、戯曲、小説、随筆、歌謡と幅広いジャンルにわたった活動を続け、多くの著作を残した。

昭和23年からは歌会始の選者を務め、昭和35年(1960)74歳で死去。