吉祥寺怪人

読書

吉祥寺怪人

きちじょうじかいと

アーマーモデリング誌編集長。

1962年静岡県出身。模型雑誌で押井守宮崎駿両監督を担当、軍事的雑談の相手を務める。俳優の故・天本英世の人生観に傾倒。インバネスに帽子姿で東京吉祥寺界隈を徘徊。その風貌から宮崎監督が「吉祥寺の怪人」と呼んだのが芸名の所以。