スマートフォン用の表示で見る

吉上昭三

読書

吉上昭三

よしがみしょうぞう

1928〜1996 大阪生まれ。ポーランドロシア文学研究家、翻訳家

早稲田大学露文科卒業。その後、東京大学教養学部教授。退官後、創価大学教授。

ポーランド文化研究史「ポロニカ?」を主催。日本におけるポーランド研究の草分け的存在であり、まらワルシャワ大学で2年間教鞭をとる他、日本とポーランドとの文化交流に尽力。また、SFを中心としたポーランド文学を多数翻訳。自宅の火事により焼死。

主著書:「標準ポーランド会話」他多数。

主訳書:スタニスワフ・レム「星からの帰還」、シェンケェヴィッチ「クオ・ヴァディス」、エレンブルグ「トラストD・E」他多数。