スマートフォン用の表示で見る

吉村禎章

スポーツ

吉村禎章

よしむらさだあき

プロ野球選手(外野手)・指導者・解説者。

左投左打。背番号は55→7番。

1963年4月27日生まれ。奈良県出身。身長180cm、体重89kg。

PL学園高校で1981年センバツに出場し優勝。

1982年ドラフト3位で読売ジャイアンツに入団。

1984年外野手として定着。将来の4番打者として、間違い無く2000本安打は達成するだろうと言われていた。

1987年、5番打者として打率.322、30本塁打を記録しリーグ優勝に貢献。

1988年7月6日、札幌円山球場で外野フライを取ろうとして栄村忠広?と交錯し、選手生命の危機となる靭帯を損傷。

過酷なリハビリを克服し、翌1989年に復帰。プロ野球ファンに感動を呼んだ。

1990年カムバック賞を受賞。

1993年以降、代打の切り札として活躍。

1998年、現役引退。

2002年、読売ジャイアンツの打撃コーチに就任。2003年、退団。

その後、日本テレビ野球解説者を務める。

またマスターズリーグ札幌アンビシャスの選手、モルツ球団の選手として活躍。


2006年、読売ジャイアンツの二軍監督に就任。

岳父はメルボルンオリンピックサッカー日本代表岩淵功