吉田義夫

映画

吉田義夫

よしだよしお

俳優。(1911年1月3日〜1986年12月22日)

京都府出身。

京都市絵画専門学校(現・京都市立芸術大学)で日本画を学び、卒業後、日本画家教師、軍人を経て、1952年に映画デビュー。東映時代劇で悪代官役など悪役としてその地位を不動のものにした。

その後、映画やテレビで悪役を熱演し、その存在感を見せるが、中でも、1971年から80年まで「男はつらいよ」シリーズで冒頭の夢のシーンで憎々しい親分や悪党役。また、このシリーズで寅さんがひいきの旅役者一座の座長を演じ、寅さんシリーズを盛り上げた。

この寅さんシリーズで準レギュラーの位置にいたが、同じ準レギュラーで旅役者の一座の座長の娘で女優を岡本茉莉が演じ、のちに志穂美悦子が好演。

晩年は油絵三昧の日々を送り、1986年に75歳でこの世を去った。