スマートフォン用の表示で見る

吉田幸弘

社会

吉田幸弘

よしだゆきひろ

1961年7月23日 - )

日本の政治家、歯科医師。元衆議院議員(2期)。

1996年、第41回衆議院議員総選挙愛知県第3区から新進党候補で初当選。その後、新進党分党により1998年自由党所属となる。

2000年、自由党を離れ保守党結党に参加するが、第42回衆議院議員総選挙の直前に自民党に入党し、再選。2002年1月、財務大臣政務官に就任。2003年9月に外務大臣政務官に就任。2003年、第43回衆議院議員総選挙で落選。

日歯連事件に絡み、2004年7月28日に公職選挙法違反と業務上横領容疑で逮捕、自民党本部から除名される。2005年7月20日東京地裁懲役3年執行猶予5年の有罪判決が出た。この騒動で、愛知県出身の元公設第二秘書東京にて首吊り自殺をした。