スマートフォン用の表示で見る

吉田司

読書

吉田司

よしだつかさ

ノンフィクション作家。1945年山形生まれ。

早稲田大学在学中に、映画監督小川紳介とともに小川プロを結成。「三里塚の夏」などを製作。

1970年から水俣に住み、胎児性の水俣病患者らと「若衆宿」を組織。

水俣での経験をまとめたノンフィクション『下下戦記』で、1989年大宅壮一ノンフィクション賞を受賞。

en-taxi』にて「猛毒悪寒疾風書評 BOOKサーフィン2004」を連載中。

代表著作に『下下戦記』(文春文庫)、『ひめゆり忠臣蔵』(大田出版)、『ひばり裕次郎昭和の謎』(講談社+α文庫)、『宮澤賢治殺人事件』(文春文庫)、『世紀末ニッポン漂流記』(新潮社)他多数。