スマートフォン用の表示で見る

吉田神道

一般

吉田神道

よしだしんとう

神道の一流派。室町時代京都吉田神社の神官の吉田兼倶によって大成された。唯一神道や宗源神道とも呼ばれている。

神道儒教、それに仏教道教陰陽道の関係を説き、神道を万法の根本とし、神主仏従の立場から反本地垂迹説を主張した。また、明治時代になるまで、吉田神社神道本所として日本全国の神社神職に強い影響力を持った。