吉武輝子

一般

吉武輝子

よしたけてるこ

■経歴

1931年兵庫県芦屋市生まれ。

1954年慶応義塾大学文学部卒業。同年4月に東映宣伝部に入社。

1961年日本初の女性宣伝プロデューサーとなる。

東映を退社後、文筆生活に入る。

1968年婦人公論読者賞受賞。現在、「吉屋信子記念館」運営副委員長を務める。

女性問題を中心に評論・文筆活動を続けており、「女人 吉屋信子」などの女性伝記や、生と死、老いについての評論など、著書多数。

扇千景選挙で争い敗れたことあり。