スマートフォン用の表示で見る

吉福伸逸

読書

吉福伸逸

よしふくしんいち

著述家、翻訳家セラピスト、音楽家。1943年、岡山県倉敷市生まれ。日本で初めてニューエイジトランスパーソナル心理学を体系的に紹介し、心理学セラピー、思想の分野に多大な影響を及ぼした、

早稲田大学文学部を中退し、ボストンバークレー音楽院へ留学。ジャズベーシストとして活躍後、カリフォルニア大学バークレー校にて東洋思想やサンスクリットを学ぶ。

(株)C+F?コミュニケーションズ、(有)C+F?研究所を創設。

著書に『トランスパーソナルとは何か 増補改訂版』(新泉社)、『トランスパーソナル・セラピー入門』(平河出版社)、翻訳に『意識のスペクトル』(春秋社)、『無境界』(平河出版社)、『タオ自然学』(工作舎)等多数。

1989年以降、ハワイ在住。