吉房

アート

吉房

よしふさ

日本の鎌倉時代中期の刀工。福岡一文字派最盛期の代表的鍛冶。「岡田切」の号を用いていた。