喫茶養生記

読書

喫茶養生記

きっさようじょうき

日本へ臨済宗を伝えた栄西が、喫茶と喫桑の薬効を説き勧めた書。そのため室町時代には一時《茶桑経》とよばれたこともあった。日本最古の茶の本として古来有名である。