橘奈良麻呂

社会

橘奈良麻呂

たちばなのならまろ

養老7年(721年)?〜天平宝字元年(757年)

日本の奈良時代の貴族。橘諸兄の子。

参議などを歴任藤原仲麻呂を滅ぼして、天皇の廃立を企てたが、密告により露見して未遂に終わった。