客観写生

客観写生

(読書)
きゃっかんしゃせい

 俳句の理念。正岡子規高浜虚子によって確立されたもので、俳句を詠む際主観を排し、「見たままを表現する=写生する」のが良いとする。

新着ブログ: 客観写生