スマートフォン用の表示で見る

脚蹴り

スポーツ

脚蹴り

あしけり

脚蹴りとは、ボート(漕艇)競技に於けるスパート戦術の一つ。ピッチ(1分当たりの本数)をあまり変えずに、水中を押す、即ち、脚を蹴る力を強くすることで、艇速アップを図ること。

具体的なやり方・定義は以下の通り:

  1. レースの勝敗を決めるのは、コンスタントの1本1本であり、脚蹴りは瞬間的な戦術に過ぎない。
  2. 脚蹴りストローク中はストレッチャーを脚で思い切り強くで押し、水中を強く押して加速する。
  3. 脚で押す強度は残りの距離に関係なく、その時発揮し得る全力で押す。(絶対に力を加減しない)
  4. フォワードのリズムは変えずに水中だけ強く押す。(強く押した結果、フォワード速度が一緒でもレートは若干上がる)
  5. 脚に乳酸負債のダメージが残るので、脚蹴りは両刃の刃であり、決まらないと逆効果である。(無闇に脚蹴りを入れてはならない)