逆恨み

一般

逆恨み

さかうらみ
  1. 本来恨まれるべき者が、逆に相手を恨むこと。加害者被害者を恨むなど。
  2. 好意善意による行為を、逆に敵意?・悪意?曲解して恨むこと。筋違いなことを理由に人を恨むこと。

関連キーワード

  • おためごかしお為ごかし):相手のためを思ってのことと見せかけて、実は自分自身の利益のために行うこと。
  • 逆切れ逆ギレ):相手への怒りを見せた結果、相手がそれ以上に怒り出すこと。