逆差別

一般

逆差別

ぎゃくさべつ

意味

reverse discrimination】 「リバース・ディスクリミネーション

過度の差別是正によって、逆の差別を発生させてしまうこと。特定者優遇し過ぎて、かえって全体的な公平感がいちじるしく損なわれること。

  1. 本来の意図と違って、正当差別不当差別になってしまう逆転現象
  2. 差別者とされる人々が、逆に被差別者の扱いを受けていること。
  3. 一方を被差別者として優遇した結果、他方に新たな被差別者が発生してしまう不均衡現象

代表的な例として、女性差別是正によって発生する男性差別が挙げられることが多いが、日本では、男女間の賃金格差は未だ国際的にみて格差は大きい。