スマートフォン用の表示で見る

逆日歩

一般

逆日歩

ぎゃくひぶ

売建てのために借りる株に対し、貸株料とは別にかかることがある手数料。株不足のために生じた品貸料を信用取引の売り手から見たもの。

証券会社証券金融会社は、買建ての担保として保管している株を売建てのための貸株として用いる。したがって、証券会社証券金融会社で売り残が買い残を上回った場合は株不足となり、貸すための株を調達しなければならない。証券会社の場合は証券金融会社から株を調達できるが、証券金融会社が株不足になった場合は現物を多く持っている機関投資家などから品貸料をつけた上で株を調達する。品貸料は売建てた投資家全員が支払い、買建てた投資家全員が受けとる。

株不足がひどい場合は、逆日歩が取引手数料や貸株料を上回ってしまうこともある。また、取引のない休日も含めて日毎計算される。このため、逆日歩が生じるとそれを嫌った買い戻しが出る。一方、逆日歩が生じている銘柄はたいてい下落局面にあるため、売りの勢いもある。その結果、買い注文と売り注文がともに殺到し、値動きが激しくなることがある。下手に手を出してこれに飲み込まれるなという意味で、「逆日歩に買いなし、逆日歩に売りなし」という格言がある。

証券金融会社で株不足が生じやすいのは、証券会社の自己融資による買建てが多い場合。この場合は買建てた株が証券会社に留まり、証券金融会社には行き渡らない。こうなると、市場全体では買い残が多いにもかかわらず、証券金融会社では売り残が多くなって株不足になってしまい、逆日歩が発生する。