逆噴射

一般

逆噴射

ぎゃくふんしゃ

スラストリバーサーを用いて、エンジン噴射を前方に排出する事。

民間機の場合、通常は航空機の着陸時に制動距離を縮めるために用いる。但し、制動力としてはあくまでも車輪ブレーキの補助的なものである為、騒音対策として逆噴射を行わない事もある。*1

1982年日航羽田沖墜落事故で一躍有名となった。*2

*1:典型例は、大阪国際空港伊丹空港)での着陸時。

*2:着陸前に逆噴射操作を行い失速・墜落し、24名の死者と142名の重軽傷者を発生。