久間三千年

一般

久間三千年

くまみちとし

1992年(平成4年)に発生した飯塚事件(いいづかじけん)殺人事件の犯人のことである。自白は得られなかったが、導入されたばかりのDNA型鑑定によって有罪判決が確定し、死刑が執行された初めての事例である。事件の概要から飯塚女児二人誘拐殺害事件とも呼ばれる。