久慈次郎

スポーツ

久慈次郎

くじじろう

戦前の野球選手。

ポジションは捕手

1898年10月1日生まれ。岩手県盛岡市出身。

旧制盛岡中学から早稲田大学を経て、社会人野球函館大洋野球倶楽部函館オーシャン)に入団。

1934年大リーグオールスターチームとの対戦で豪球投手沢村栄治バッテリーを組み、ベーブ・ルースルー・ゲーリッグらを抑えるなど大活躍。

1936年大日本東京野球倶楽部(現・読売ジャイアンツ)に入団。初代主将に就任。沢村栄治バッテリーを組み、活躍した。

1938年、家庭の事情から退団、函館オーシャンに復帰。

1939年8月19日、試合中にボールを頭に受ける。同年8月21日逝去。

野球に殉じた「伝説の名捕手」と呼ばれた。


1959年、第1回野球殿堂入り。


社会人野球都市対抗野球大会敢闘賞である、「久慈賞」に名を冠している。


函館市にある函館オーシャンスタジアムには、キャッチャーミットを構えた久慈の銅像がある。

旭川市にあるスタルヒンの銅像の方角を向いている。