休眠預金

休眠預金

(一般)
きゅうみんよきん

長い間利用の無い銀行口座に入っている預金のこと。この預金の入った口座を休眠口座という。長期間利用が無いといくら残高が残っていても「払い戻しの意志がない」とみなされ、時効が成立する。銀行によって扱いは違うが、一般的に10年程度で休眠口座とされることが多い。このお金は一旦銀行の利益として計上される。

払い戻し可能

休眠口座としてみなされても、窓口にて払戻を請求すれば応じてもらえる。
銀行が合併している場合でも、払い戻されることはあるので、まずは問い合わせをしてみると良い。

休眠口座一例

  • 口座の持ち主が亡くなる
  • 通帳、判子を紛失
  • 子供の頃使っていた口座
  • 結婚前に使っていた口座

など理由などで長期間放置され、休眠口座なる。

ネットの話題: 休眠預金

人気

新着

新着ブログ: 休眠預金