宮〜Love in Palace

テレビ

宮〜Love in Palace

くんらぶいんぱれす

「もしも韓国にまだ王室が続いていたら……?」という斬新な設定で大ヒットし、ミリオンセラーに達した韓国少女マンガが原作。作品の世界観と完成度の高い衣装、40億ウォンを超える豪華なセットデザインが「色彩溢れる」見事なドラマに結実した。韓国では2006年1月より放送され、マンガのコアファンたちの間で新人ばかりを起用したキャスティング論争が勃発、放送前より多くの話題を集めた。皇太子シンを演じたのは、モデル出身で美貌と知性を兼ね備えたチュ・ジフン。プリンセス役にはK-POP界出身の元Baby V.O.Xのユン・ウネが抜擢され、同じくシンガーで元UNのJohn−Hoon(ジョンフン)も同作品で本格的に俳優活動に入った。

最高視聴率28.8%という高視聴率でラストを迎えた同作品は、世界23カ国で放送され、同シリーズとしてSE7EN主演「宮S〜Secret Prince」も製作された。韓国最高の話題を呼んだ王室ロマンスドラマ、日本でもDVDが驚異的なセールスを更新中! (公式サイトより)

出演