宮の森ジャンプ競技場

スポーツ

宮の森ジャンプ競技場

みやのもりじゃんぷきょうぎじょう

北海道札幌市中央区宮の森にあるノルディックスキージャンプ競技場。

1972年札幌オリンピックで70m級ジャンプ(現・ノーマルヒル)の会場となり、日本人選手が金・銀・銅メダルを独占した。この活躍で日本のジャンプ陣は「日の丸飛行隊」と呼ばれるようになった。

ノーマルヒルのジャンプ台が一つあり、K点は90m、ヒルサイズ100mとなっている。

ラージヒルがある大倉山ジャンプ競技場は北へ1kmほどの距離にある。