宮原伸二

サイエンス

宮原伸二

みやはらしんじ

医師。(1942年9月16日東京府世田谷区)出身。父は教育学者・宮原誠一。1968年東北大学医学部卒業。同大学および公立気仙沼病院で研修。1971年秋田県・由利組合総合病院上郷診療所所長、83年秋田大学医学博士1984年高知県西土佐村江川診療所所長。約25年間、農村地域において保健から福祉までの総合医療に取り組み、その間、約300人を在宅で看取る。2001年NPO法人総合ケアシーザル設立、理事長。神戸親和女子大学発達教育学部教授、岡山県医師会介護保険対策委員、岡山プライマリ・ケア学会副会長、倉敷市精神保健福祉協議員(専門部会委員長)、高知女子大学学長諮問評価会議委員、青木内科小児科顧問医、ケアマネジャーなど。

著書

  • 『村づくり聴診記 無医村に来た都会っ子先生』合同出版,1978.12
  • 『これからの地域医療 「健康づくり」の進め方』医学書院,1986.9
  • 『美しく老い、美しく死ぬ 地域医療実践の場から』文京書房,1994.7
  • 『これからの健康づくり わかりやすい活動の手引』三輪書店,1994.9
  • 『老いを支える医療福祉三輪書店,1997.3
  • 『美しく死ぬ そのための上手な生き方』総合ケアシーザル 2005.5
  • ホームヘルパー介護者のための医療サイン』創元社,2006.12

共編著