宮古島台風

サイエンス

宮古島台風

みやこじまたいふう

宮古島台風は、昭和34年台風第14号(国際名:Sarah)の気象庁による命名。

1959年9月15日〜9月18日にかけて、当時アメリカの施政下にあった宮古島に大きな被害を与えた。

概要

9月12日にグアム島付近で発生した台風第14号は、発達しながら西北西に進み、非常に強い勢力で15日19時頃宮古島を通過した。その後は東シナ海から対馬海峡日本海を通り、18日夜半には宗谷海峡付近を通過、19日9時には温帯低気圧に変わった。

宮古島沖縄県平良市)では最低気圧908.1hPa*1、最大風速53.0m/s(最大瞬間風速64.8m/s)を観測し、島の7割の住家が損壊した。この台風暴風域が広く、九州北海道では25m/sを超える強風が吹き、長崎県北海道を中心に波浪や高潮による浸害水や船舶被害が大きかった。

気象庁1966年宮古島に被害を出した台風18号を「第2宮古島台風」と命名をした際に、さかのぼって1959年台風14号を「宮古島台風」と命名した。

災害概要

  • 死者47名
  • 行方不明者52名
  • 負傷者509名
  • 住家損壊16,632棟
  • 浸水14,360棟

など

*11977年沖永良部台風に更新されるまで、日本の陸上で観測史上1位となる記録