スマートフォン用の表示で見る

宮城球場

スポーツ

宮城球場

みやぎきゅうじょう

宮城球場は、宮城県仙台市宮城野区宮城野原公園総合運動場内にある野球場。管理・運営は株式会社楽天野球団が行っている。

現在の収容人員は約2万3000人。

1973年から1977年までロッテオリオンズの本拠地として使用されていた。

過去には「県営宮城球場」「仙台宮城球場」とも呼ばれていた。

2005年より東北楽天ゴールデンイーグルスフランチャイズ球場となる。そのための大規模改修工事が行われ、両翼101.5m、中堅122mと日本にある野球場としては一番広くなった。フィールドはロングパイル人工芝

2005年、命名権ネーミングライツ)を人材派遣会社フルキャストに売却、2007年10月まで「フルキャストスタジアム宮城」と名乗っていた。

2008年からは日本製紙と3年間の命名権契約を締結、呼称は「日本製紙クリネックススタジアム宮城」に決まった。略称は「Kスタ宮城」。

しかし、同年1月に古紙配合率偽装問題が発覚し、2月3日付けで「日本製紙」の社名を除外した「クリネックススタジアム宮城」の名称となった。

2010年11月、日本製紙との命名権契約を3年間延長することが発表された。契約期間は2011年1月1日から2013年12月31日までで、契約金は年額2億円。呼称は「日本製紙」の社名を冠した「日本製紙クリネックススタジアム宮城」となる。

2013年12月24日、東北楽天ゴールデンイーグルスの親会社である楽天命名権を取得し、「楽天Koboスタジアム宮城」とすることが発表された。契約期間は2014年1月1日から2016年12月31日までで、契約金は年額2億100万円。

2014年1月16日、楽天は三塁内野側に3,000人収容のスタンド増設と、外野左翼側に1,509人収容の「楽天山観覧席」を新設することを発表。三塁側スタンドは2014年4月着工予定で同年8月の完成、楽天山観覧席は2014年3月に着工し2014年シーズン開幕までの完成を予定している。総改修費は約20億円で、増席により最大収容人数は28,723人となる予定。